スタッフが見るスラム ケニア ‐終-(2021年11月)

これまで、私たちスタッフが見るケニアのスラムについて、言葉で全てを伝え尽くすことはできませんが、精いっぱいのことをお伝えしてきました。

毎週メトロケニアのチームが小学校の授業としてメトロプログラム(教会学校)を行っています。このプログラムは、子どもたちの人格形成に大きな影響を与えていると感じます。

実践的で、視覚的で、人生をも変え得るメトロの授業を通して、子どもたちに生きる意味を伝え、子どもたちやその家族に希望を与えています。子どもたちが通う学校の先生たちからも、子どもたちの行動が良い方に改善されたり、子どもたちの性格が前向になったりしているという報告をたくさんいただいています。

スポンサーが付いたからといって、子どもたちが、すぐにスラムから脱却できるわけではありません。それでも、スポンサーの皆様は、子どもたちが成長していく上で、非常に大きな役割を果たしてくださっています。

何度もお伝えしていますが、スポンサーであるあなたが毎月忠実にサポートしてくだることで、あなたがサポートしている子どもは給食を食べることができ、授業でも集中できるのです。

学校には、前日から何も口にしていない子どももいます。極度の空腹では、勉強がしたくても集中などできるはずがありません。あなたのおかげで、サポートを受ける子どもはきちんとした教育を受けることができています。

子どもたちの健康や学校の成績、将来の夢、そして家族のためにもお祈りくださりありがとうございます。励ましの手紙を送ってくださることにも感謝しています。

そして、スポンサー代以外にも、プレゼントを贈っていただきありがとうございます。今、一番必要な支援は食料です。貧しい子どもたちの家族は、食料品の贈り物を受け取ることで大きな祝福を実感しています。

また、学校の制服や学用品なども、貧しい親にとって簡単に購入できるものではありませんので、大きな助けになっています。毎日の食事を買うことさえままならないのですから。

スポンサーの皆様の忠実なご支援が、子どもだけでなく、その家族にもどれだけ大きな影響と祝福を与えているか、お分かりいただけたでしょう。

これからも、子どもたちのためにお祈りください。私たちも、日本の皆様の上に神様からの祝福が豊かにあることを祈っています。

ケニア編 (終)


ケニアスタッフが見るスラム①

ケニアスタッフが見るスラム②

ケニアスタッフが見るスラム③

ケニアスタッフが見るスラム④ -終-