ビル師からクリスマス特別メッセージ「今年のクリスマスは、これまでになく…」(2017年12月)

今年のクリスマスも、例年通り、私は子どもの頃母親に捨てられたあの街角を訪れる予定です。毎年私はその場所で、神様が私の人生に働かれ、また、世界中の子どもたちの人生に働かれようとしていることを再考するのです。そして今年はもう一つ感謝すべきことがあります。ご存じの通り、数週間前、私の命は神様によってまたも助けられたからです。

シリアでのその日以来、しばらく私は自問せざるを得ませんでした。神様はなぜ命を助けてくださったのだろう、と。そして唯一納得できる理由は単純でした。私にはまだまだやるべきことがあるから、です。

ですから今、力の限り取り組んでいるのです。時には医師たちの命令に逆らってでも、何が起きようとも。メトロの教会学校に来ている子どもたちが一人残らず、人生で最も貴重なクリスマスプレゼントのことを聞く機会を掴めるように。そのプレゼントとはイエス・キリスト…この世で唯一の、何より大事なプレゼントです。

OHHは、私たちの最も大事な伝道活動です。今年も世界で20万人以上の子どもたちに福音を伝えようとしています。撃たれたからといって私は休むつもりはありません。

オペレーション・ホリデー・ホープは、よくある単なるクリスマスの活動とは異なります。本当に、生きるか死ぬかという毎日を送っている子どもたちが大勢いるのです。中には、イエス・キリストについて聞けるチャンスは今回が最初で最後という子もいます。そんな子どもたちにイエス様を伝える機会を逃すわけにはいきません。

おわかりいただけていると思いますが、これまでにないほど、あなたの力を必要としているのです。子どもたちをがっかりさせるわけにいかないのです。メトロの子どもたち全員が、クリスマスの本当の意味を聞き、理解するという機会に触れることができるよう、私は何としてもやり遂げたいと思いますし、あなたも同様だと思っています。

おそらくお考えになっている以上に、私は感謝の思いでいっぱいです。祝福を祈ります…メリークリスマス。

心を込めて

ビル・ウィルソン

新しい記事を受信