メトロ・ワールド・チャイルドNY本部の4ヶ月研修を受けて(2015秋) (その3)

2015年秋にアメリカのNY本部でインターンシップに参加されました田中純花様からのレポート―その3

今回からは、一週間のスケジュールをご紹介しつつ、研修の現場で私が感じたこと、学ばされたことをお分かちさせていただきたいと思います。

基本的に、公立学校の新学期が始まると同時にメトロの道端教会学校、土曜教会学校の働きもスタートします。公立学校が休みの間は、家庭訪問や教会学校のための様々な準備をしたり、スタッフによっては母国に帰って様々な教会で講演をしたり、家族と会ったりします。新学期が始まってからのスケジュールは以下の通りです。

 

日曜日

日曜日は、まずメトロの教会での自分のための礼拝出席です。1日に数回礼拝がありますので、自分の動きに合わせてどの礼拝に出るかを決めます。そして、礼拝には、自分がいつも道端教会学校で訪れている地域の子どもの家族が来てくれたり、WorkersまたはWIT(Workers in Training)と呼ばれるスタッフとして訓練中のティーンエイジャーが来たりするので、彼らとの打ち合わせなどの都合によっても参加する礼拝を決めます。

 

また研修生は、自分の礼拝以外の時間は、日曜日に教会で教会員の方々が中心になって行なっている保育所、日曜学校でも奉仕をします。

スタッフによっては、午後から自分の担当している子どもの家庭を訪問することもあります。

次号へつづく

 

月曜日は、スタッフの休日ですが、火曜日から怒濤の日々が始まるようです。来月から数回に分けて、田中様からのレポートを元にその詳細を掲載させていただきますので、ぜひお楽しみに。メトロが世界最大の教会学校である理由が徐々におわかりいただけます。

 

研修の種類や詳しい内容は、日本事務所にお問い合わせください。

TEL:03-3561-0174
Email:metro@mission.or.jp

新しい記事を受信