メトロのサマーキャンプの目的(2016年5月)

「ここで生き残れるよう祈って。」

銃撃の中、狂気の中…子どもたちにはこの夏、助けが必要です

ギャング同士の抗争の激しい地域で暮らしているアントニオは、まだ幼いのにこれまで何度も銃撃現場を目撃しています。メトロスタッフに「僕が大人になるまで生きていられるように祈って」と言うのも無理はありません。
学校が休みになって自由時間が増え、時間を持て余した子どもたちは、身近にある危険にさらされることになります。残念なことに気温の上昇に比例して犯罪や暴力も増加し、ただ自宅アパート入口の階段で座っているだけでも危険なのです…場合によっては命取りになるほど。

「この夏、子どもたちを安全な場所に」メトロのサマーキャンプの目的はそんなところにもあります。物理的に安全な場所で過ごせるようにし、霊的には神様に心を開けるようにするのがねらいです。
ニューヨークにしろ他の国にしろ、キャンプに来る子どもたちの誰一人として、現在置かれている過酷な環境を望んで生まれてきた子はいないからです。この夏、子どもたちはメトロの支援を必要としています。そしてメトロはあなたを必要としています。

あなたのご支援で、子どもたちには、メトロのサマーキャンプに参加して、明日から神様の力と臨在に満たされた日々を生きていく機会が与えられるのです。
ご協力のお陰で子どもたちは、喜びに満ちた楽しく有意義な経験をすることができます。歌、祈り、笑い声、ゲーム、笑顔、ハグ…。安全な場所で、自分を大事に思ってくれる人たちに囲まれて過ごします。神様はいつも自分と共にいてくださること、自分にも神様のご計画と目的があることを教えてくれる人たちです。
ご自身にできる範囲でかまいませんので、ご協力をご検討ください。メトロのサマーキャンプでは、思いやりや大人からの保護や愛を知ることができます。これらを必要としている子どもたちへのご援助をよろしくお願いいたします。

アメリカでは、メトロの子どもたちの多くが、住んでいる場所から半径15~16キロより遠くへの旅行などに出かけたことがないため、キャンプがどんなものなのか見当もつきません。何の準備もせずに参加する子も多いのです。そのため、キャンプの参加費以外にも様々な必要が生じます。

キャンプ支援献金として、参加費以外の自由な金額の献金も受け付けています。その献金は、キャンプ全体の必要のために役立てさせていただきます。

 

新しい記事を受信