メトロ・ニューヨーク現地視察ツアー2018参加者のご感想(その1)

昨年11月15日~20日にかけて開催しましたメトロ・ニューヨークの現地視察ツアーにご参加くださった方々のご感想です。


武田陽子様からのご感想

メトロのスタッフの方から、視察ツアーに参加するととても恵まれますよというお話があり、一体どのような恵まれ方をするのか興味はありましたが、実際に行って見てみると本当にそのとおりでした。

世界中で 20 万人以上の子供たちに、路上の教会学校を通して伝道するということを話には聞いていましたが、どういうことなのか、実際に体験してみてよく分かりました。
メトロの伝道活動は、若い人たちが中心で数名のチームに分かれ、たくさんのチームがメトロの⻩色いトラックに分乗して地域伝道し、月曜から金曜まで、多い日は 1 日でそれぞれ3〜4か所回ります。目的地に着くと、まず大音響でこどもたちに伝道に来たことを知らせたり、各家庭を訪問して呼び集めたりします。そして、ひとつの聖書個所について、いろいろな角度から子供たちに分かりやすいお話しや紙芝居や寸劇をしたりします。どれも手作りです。

これらは、子供向けにとてもよく作られていて、十分に考えられ準備されたものです。若い人達の手作りの熱い心が満載の伝道に子供たちが乗せられないわけはありません。明るく自信に満ちた若いスタッフの話や寸劇に、子供たちは夢中になって惹きつけられ、一緒に踊り出したりします。
雪や雨のため外でできない時は、小さな集会所に集めたり個別に家庭訪問したりして話しをします。若いスタッフは愛と忍耐を持って続けてきましたので、子供たちはすっかり信頼し、親しい関係ができています。こういう若手の本気のやる気に、心は踊らされました。

そして土曜日には全体の伝道集会があります。子供たちは一人一人各家庭からスクールバスに乗せられて大きな教会堂に集められます。テーマは地域伝道でやったところと同じ聖書個所です。ですから、同じ聖書個所をいろいろな角度から話されますので、十分に理解し定着します。

私たちが参加した時は、感謝祭(Thanksgiving)の前の週だったので、ヘブル書 13:5 から、「欲張りにならずに、今持っている物に感謝しましょう。」というテーマで、”Be thankful,Be grateful、Not be greedy”という言葉が繰り返されていました。 いろいろなアクションが入った手作りの舞台に子供たちは大興奮です。何度も繰り返し聞いている聖書個所が体の中に浸みこんでしまいます。楽しい楽しい興奮の渦です。そんな風にこども伝道が続けられていました。

さて、まず思いを馳せることは、どうしてこういう素晴らしい伝道がエネルギッシュにできるのかという不思議さです。それは素晴らしいスタッフのエネルギーと情熱によることだということにすぐ気づきました。メトロの本部に宿泊し
てもわかりますが、何処も綺麗で清潔に掃除が行き届き、会う人は皆ことごとく明るく元気で親切なのです。疲れを知らないかのような若者ばかりで、圧倒されます。
そして次の疑問はこの若者たちの愛や元気さや明るさや聖さと情熱の源がどこから来るのだろうかということです。その答えは金曜日の午前中のスタッフ・ミーティングでのビル先生の短いメッセージの中に垣間見ることができました。ちょうど種まきの話のところでした。たくさん種をまいても良い地に落ちる種はほんの少しで、良くても 25 パーセントしか育たない。しかし、この 25 パーセントを大切にし、無駄に思える種には目をやらないで、あきらめずに種を播き続け、良い地に落ちる種に目を向けましょう、との励ましのメッセージでした。
選ばれた讃美歌も良かったです。すべてはカルバリの丘で解決しています、という内容の賛美歌でした。

日曜日にはメトロのスタッフや関係者の出席する礼拝があるので、その礼拝も楽しみにしていましたが、残念ながら時間の都合がつかずに遅れてしまいました。 礼拝は終わりかけていましたが、それでも、牧師さんは「Seek! Hear! Obey!」と言っておられました。メトロの精神の核はやはり、キリストに信頼する生活の訓練「キリストを探し求め、キリストに聞き、キリストに従う」ということにあることを知らされ、大いに納得させられました。カフェにも張り紙があって、「朝起きてまず何をする? そう、まずキリストを頂いてから、コーヒーを飲もう!」みたいなことが書かれていました。

世界中の各国から、メトロの素晴らしさを知りたくて、4か月の研修を受けに来る積極的な若者が多くいますが、ビル師は言います。「自分のできる小さな事をまず始めよう」と。
NYで経験した伝道のすばらしさを、見ただけで終わらせないためにも、今自分ができる小さな事を、キリストの御声を聞きつつやる、ということが、メトロで見たことの大きなメッセージでした。生かしていきたいものです。

近藤千絵様からのご感想

富と自由の象徴、セレブの街、トランプタワーがあり、五番街がある憧れのニューヨーク、東京のような大都会です。
しかし、摩天楼のあるいわゆるザ・ニューヨークはマンハッタンの一部でしかありません。同じニューヨーク市でも私達の訪れたメトロワールドの活動地域のブルックリンとブロンクスには全く異なった別の世
界があり、人種や生活レベルによって完全に住み分けがされている印象を受けました。住⺠はアフリカ系、ヒスパニック系がほとんどです。それらの地域の高い建物といえば所得の低い家族向けの茶色の公団住宅。その地域の約 130 箇所で、メトロワールドは火曜から金曜、出前道端教会学校を行っているのです。(土曜日は 1000 人の合同教会学校!)平日の道端教会学校は4人位のチームがトラックを改造したミニトラックに乗り込み、10 台以上位あるかと思いますが、毎週決まった場所、決まった時間に出向き、道端で、または公団のロビーなどで行うのです。毎週決まった聖書のテーマがあり、賛美あり、ゲームあり、暗唱聖句があり、メッセージあり、と 45 分位のプログラムがきちんと決まっています。大道具、小道具を用いて子供達を引きつけるスタッフの能力は高く、全力で奉仕する若者達には感心しました。参加する子ども達もワクワクしています。スタッフは子供達の住所や連絡先を登録していて、必ず家庭訪問をしてその家庭の状況も把握しています。私もこの道端教会学校の後、我が家が毎日お祈りに覚えている家庭を訪問しました。

古い公団のビルの中は薄暗くあやしげな雰囲気。その一室のお宅訪問。中にお邪魔すると近所の子ども達が沢山集まって来ているの?と思いきや、12 歳を頭に6人兄弟なのです!
日本から持参したおもちゃとおかしでさながらお誕生会のような盛り上がりとなりました。父親は⻑距離トラックの運転手でたまにしか自宅には戻っては来ない中、お母さんは「眠る暇もない」、とこぼしていました。30 分程の滞在のあと、祈りの課題を聞いて、子ども達に手を置いて皆で祈りました。
子ども達は道端教会学校へ参加しているので、このように毎週祈られているのです。大変な環境の中ですがとても平安を感じた瞬間でした。この子たちが、本当に主にあって成⻑して、主の祝福と導きによって人生を送れるように心から祈りました。というのもこれらの地域は犯罪が多くギャングや銃、麻薬やアルコール、家庭崩壊と貧困、本当に子ども達は危険にさらされているからです。

しかし嬉しい話として、最近のブルックリンは過去 20年で治安が一気に良くなってきていて、地元ではこのメトロワールドの働きのおかげだと認知されているとのことです。多くの子ども達が健全に育ってきたという実を結んでいるのだと思います。実際、最近ではこの出前教会学校が公立の小学校にも招かれているそうです。

私にとってアメリカは子供の頃からのあこがれの国であり、豊かな強い国のイメージがありました。しかし現在人口3億人のアメリカですが全米で 4000 万人が飢えに苦しんでいて、それに 1200 万人以上の子どもが含まれるという最新の統計が出ている状況です。
実際、地下鉄に乗っていると必ず物乞いの方が何人も回ってきます。そしてハンバーガー屋さんで食べていても必ずと言っていい程テーブルに物乞いの方が来ます。どうしていいのか正直困ってしまいました。
私達がいた 11 月下旬はまさにアメリカではホリデーシーズンと呼ばれ、感謝祭、アドベント、クリスマスとお祝いムードの季節ですが、私達の訪ねた地域は、感謝祭に欠かせない七面鳥を買う余裕のない家庭も多く、メトロワールドでは教会学校の子ども達の家庭に七面鳥を届ける活動をしていました。

全く違う別の世界が存在する大都市ニューヨーク。大都市が抱える貧困の問題は、実はすでに日本でも耳にする問題となってきています。ほんの5日間の滞在で何がわかったとは到底言えませんが、私が過去 40 年で感じている事は、アメリカで起こっている事が 10 年、20 年遅れで必ず日本にも表れてくるというものです。もちろんアメリカと日本は国の成り立ちが全然違うので、なんとも言えませんが、これからも両国の為に祈っていきたいと思わされています。

帰り道、すでに日も落ちて、いかにも治安の悪そうな街を少しビクビクしながら歩いている時、同行して下さった若い女性スタッフの言葉が私の心を打ち、今も深く響いています。
「私はこの地域が大好きなの! だってね、イエス様の光が一番輝く所だからね」
「全き愛は恐れを締め出す」(第一ヨハネ 4 章 18 節)


現地ツアーにご参加ください

アメリカツアーのご感想をお寄せくださいました武田様と近藤様に心から感謝申し上げます。
現地のツアーに参加してくださいました方々は、必ずメトロのファンになっていただけます。現地スタッフの熱心な働きぶりに、皆様感動してくださいますし、現地で教会学校の働きや家庭訪問に同行されて初めて、聞いていたこと
が本当だということがご理解いただけます。
また、子どもたちの生活環境がどのようなものか、写真では伝わりません。その地域の空気、生活感、親の生活ぶりを目の当たりにして、メトロの働きの重要性を実感していただけます。
日本事務所が主催するツアーにぜひご参加ください。

英語のできる方は単独でも海外に行くことに慣れていらっしゃる方や英語の堪能な方は、単独で現地をご訪問いただくこともできます。
現地のスケジュールや受け入れ態勢、子どもとの面談などの手配が必要ですので、ご希望の方は、最初に日本事務所にご連絡ください。
突然ご訪問されても、現地の祝日やイベントなどの関係で、通常とは違う活動をしている場合や、教会学校が開催されていない場合もありますので、ご注意ください。


春期インターンシップのご案内

ここ数年、日本からもインターンシップに参加される方が続けて起こされています。アメリカ本部での研修は、英語ができなければついて行くことができませんが、フィリピンのマニラでの研修は、通常の英会話ができて、やる気が
あれば参加することもできます。
どちらも、お申し込みの前に万代牧師または現地スタッフによる、英語力の確認の面接が必要ですので、ご希望の方は必ず日本事務所にご連絡ください。

2019 年春期インターンシップの日程

アメリカ・ニューヨーク
3 月 12 日(火)∼6 月 20 日(木)

フィリピン・マニラ
2 月 3 日(日)∼5 月 21 日(火)

ご希望の場合は、直ぐに日本事務所にご連絡の上、面接の日程をお決めください。
面接のあと、必要書類をお送りします。
教会学校のスタッフや教会の献身者はもちろん、ご自分の信仰の成⻑を目指す方、教会全体の成⻑を目指す教職者の方のご参加をおすすめします。
実践すれば、必ず成果が期待できます。

お問い合わせ先
TEL: 03-3561-0174
E-mail: metrojapan@mission.or.jp

新しい記事を受信