日本事務所からの重要なお知らせとお願い(2020年11月)

子どもと皆様を守るために

子どもに手紙を送る際は、子どもに渡る封筒や手紙の中に、ご自分の苗字と住んでいる地域名を、記入しないようお願いします。

× Hi!I’m Taro Yamada. I’m live in Tokyo.
×こんにちは。山田太郎です。東京に住んでいます。 

Hi!I’m Taro. I’m live in Japan.
こんにちは。太郎です。日本に住んでいます。

必要以上の情報は悪用されたり、ネットで探し出されたりします。皆様の安全のために、友だち申請などメトロを通さない連絡には返事をしないでください。メトロでは、長年にわたる様々な経験により、子どもとスポンサーの方々双方にとって最善の対応を心がけています。

クリスマスプレゼント!

ご自分のサポートしているアメリカ、またはフィリピンの子どもへのクリスマスプレゼントを募集しています。
また、世界中でメトロが開催するクリスマスの教会学校に参加した子ども全員にプレゼントを渡すオペレーション・ホリデー・ホープ(OHH)へのご支援も募集中です。
詳細は、先月号のレポートに同封されたチラシをご確認ください。ホームページからのお申込みも可能です。

お申込み締切

11月27日:アメリカ クリスマスプレゼント
11月25日:オペレーション・ホリデー・ホープ

手紙の翻訳について

お送りしています子どもからの手紙は、本部から送られてきたものを、間違いがないかチェックした上で皆様にお送りしています。
現在、基本的には個人からの手紙やカードに翻訳をつけておりません。ご希望の方は、写メやFAXなどでご希望の言語(日本語と韓国語)と共にお知らせいただきましたら、翻訳してお送りします。本来は、すべて翻訳してお送りすべきところですが、メトロの働きはすべてボランティアの協力で行っておりますので、手が行き届かず申し訳ございません。
毎回翻訳をご希望の場合もお知らせください。次回からは訳を同封してお送りします。日本語と韓国語のみご対応できます。

日本事務所よりごあいさつ!

朝晩冷え込んできましたが、皆様お元気でしょうか?
あっという間に11月を迎えました。今年は特に早く感じていらっしゃる方も多いでしょう。コロナのことで、私たちはたくさんのことを学びました。また、コロナ中心の生活を余儀なくされました。しかしここからは、今までの体験を生かして、新しい一歩を踏み出しましょう。
クリスマスの準備を始めつつ、今年は特に主イエス・キリストの救いと希望が輝きを増すことを実感しています。永遠に変わらない神が共にいてくださるという、主にある人生の本物の平安をお伝えし、ひとりでも多くの方がイエス・キリストの救いを手にしていただきたいと願います。
皆様の心と健康が守られ、経済が祝福されますように。そして、主と共に歩む人生の喜びを、日々実感できますようにとお祈りいたします。
日本事務所代表 万代栄嗣(まんだい えいじ)